Dsukeの総資産推移・ポートフォリオはこちら!

【配当金】オリックス(8591)より配当金を頂きました(2018年6月)

日本株
この記事は約3分で読めます。

こんにちは。Dsuke@セミリタイア中です。

配当金ラッシュが続いています^^

先月にようやく2018年の配当金をゲットしたかと思うと、毎週のように配当金が振り込まれるようになりました。笑

まあこれは一過性のものでして、毎月配当金が振り込まれるように考えた結果ではないのです。

ちゃんと管理していかないと把握できないので、ExcelかGoogleスプレッドシートか何かで、表やグラフを作っておいた方がいいですね。

スポンサーリンク

オリックスからの配当金は6,216円

2018/06/05にオリックスより振り込まれた配当金は、6,216円(税引き後)でした。

配当は1株あたり39円で、権利確定日に200株保有していましたので、税引き前は7,800円でした。

今回も、税金はしっかりと1,584円も持っていかれています。

税金高すぎ問題と言いたいところですが、世の中にはNISAなるものがあります。

NISAとは? : 金融庁
NISA(少額投資非課税制度)のしくみや投資について基本から解説します。NISAは、「NISA口座(非課税口座)」内で、毎年一定金額の範囲内で購入したこれらの金融商品から得られる利益が非課税になる、つまり、税金がかからなくなる制度です。

NISA(ニーサ・Nippon Individual Savings Account)とは

通常、株式や投資信託などの金融商品に投資をした場合、これらを売却して得た利益や受け取った配当に対して約20%の税金がかかります。
NISAは、「NISA口座(非課税口座)」内で、毎年一定金額の範囲内で購入したこれらの金融商品から得られる利益が非課税になる、つまり、税金がかからなくなる制度です。

(引用元:https://www.fsa.go.jp/policy/nisa2/about/index.html)

要は、NISA口座内で株式を保有しておけば、配当金や譲渡益に対して非課税になっていたということです。毎年120万円は非課税投資枠となります。

このような制度があるにもかかわらず、また、NISAを知っていたにもかかわらず、通常口座で株取引をしていた理由、それは、

ひとえに怠慢です。

「NISAってメリットあるけどなんだか難しそう」
「どうやって申し込めばわからない」
「年度内で120万超えたらどうするの?」

そんな疑問点を調べもせず、ただただ「めんどくさいし通常口座でいいや」というダメダメ思考でいたのです。

これはいけませんね。無知であるということは、この世の中においてはいいように搾取されるだけです。

自分の身は自分で守らなければなりません。誰も助けてはくれないので、自分で何とかするしかないです。

ということで、ちょっと勉強してきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました